時計入りの周年記念楯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

周年記念楯には、時計が入ったものもあります。この良さは、記念品とした飾るだけではなく実用的でもある点です。これならば普段どこに飾っても時計としての役割を果たしてくれるので、とても便利な記念品となります。材質としてはクリスタル製が豪華で重量感もありますが、アクリル製のものもあります。これはガラス製のような透明感がありながら、クリスタルに比べると手ごろな価格になるのが嬉しい点でしょう。

時計入り楯の利用法

時計入りの楯は何も周年記念の品としての利用だけではありません。様々な場合での利用が考えられます。まずは個人向けならば、還暦祝いの品としてや金婚式などに贈ると喜ばれます。時計は身近にあって常に見るものですから、記念楯を見るたびにそれを贈ってくれた人や団体を思い出すことになります。それは出産祝いや結婚祝いでも同じことが言えます。特に出産祝いなどは子供の誕生にかかわっていますから、時計があることで一層大切なものとなる可能性があると言えるでしょう。
ペットのや子供、あるいは自分たちの写真を入れることもできます。ペットであれば、身近にあることでペットへの愛情が深まるでしょうし、結婚式の写真などが入っていれば、常に二人の愛情を確かめ合うことができます。
この時計入りの楯を贈る場合は、形もよく考えましょう。よくある形としてはスクエアと言われる四角型、上部のコーナーがカットされているコーナーカット型、上部がアーチ状になっているアーチトップカット型があります。これ以外にも、オブジェタイプとして円形、ハート形、アーチ型などがありますから、贈る目的や用途によって選ぶべきでしょう。

その他の時計入り周年記念品

周年記念品として贈るものとしては、楯以外にも様々なものがあります。そのうちの一つが時計入りのペーパーウエイトです。これは光学ガラス製やクリスタルでできており、レーザー彫刻加工や2D加工が施されています。レーザー彫刻加工では、表面にロゴやマーク、あるいは文字を彫刻することができます。また、2D加工の場合は、ガラス内部にロゴや文字などを入れることが可能となります。
これらのペーパーウエイトも形には様々なものがあります。また、机の上に置いたりして日常的に使用できるものですから、時計がついていることでより一層愛着もわきやすいでしょう。
ペーパーウエイトは小さくて手軽なものです。しかし、そこに時計があることで、その存在感は高まります。ちょっとした記念品としてや贈り物として、小粋でセンスのある品物なのです。

周年記念の楯をセミオーダーで作る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

周年記念の記念品として楯を贈る場合、もちろん既製品の中から選ぶのも良いのですが、もらった側により大きなインパクトを与えようと思うのなら、セミオーダーのものがお勧めです。セミオーダーの良い点は、オーダー品ほどコスト高にならず、それでいて世界に一つのどこにもないオリジナルなものになることです。贈られた側としては、ありきたりのものではありませんので、当然喜びも倍加します。また、セミオーダーは数を揃えなければならないと思われがちですが、1個からでも制作してくれるところがありますので、インターネットなどで探してみると良いでしょう。

セミオーダー楯の材質について

周年記念でセミオーダー楯を作る場合、まず、再質を選ぶことから始めます。まずガラス製があります。これは透明感溢れ、サイズは小さくても重量感があり、どこに飾ってもひときわ映えるものです。これに対し、ガラスのように透明感がありながら手軽な価格で作れるのがアクリル製です。ここには繊細なデザインも可能となります。
より一般的でバラエティに富んでいるのが木製のものです。ベースは木製になりますが、そこに鳳凰の枠をつけたり、金属の表彰状をつけるなど多彩な表現や加工が可能です。また、ミラー製のものもあります。ミラーにダイレクトプリントをして、木製の板と組み合わせることで、他には見られない特有の表情を持つものとなります。
天然石で作ることもできます。これは味わいが深く、かつ重量感もあります。この天然石の表面に直接サンドブラスト彫刻を施すと、より味わい深いものとなるでしょう。最後に、金属製のものも独特の風合いを持っています。木製やアクリル製とは違い、独自の存在感を持つ金属製は、見る者に与えるインパクトも大きいものです。

セミオーダーメイドの流れと注意点

セミオーダーメイドで楯を注文する場合、いくつかの工程を経ることになります。まずは、予算と個数を決めておきます。そして、制作会社に電話あるいはメールなどで問い合わせをすることになります。この時、慌てて注文してはいけません。相手の対応と、品質や値段などを聞きます。値段は材質によって変わりますから、これも注意しておきます。次に見積もりを出すことになります。大きさ、材質、数量などによってかなり変化しますから、それを予算と合わせて検討することになります。すべてがOKとなれば、注文を出します。この注文時に形やデザインなどこだわりの部分も詳しく伝えます。この注文を受けて制作会社では版下を作ることになるのです。
版下ができたらば、それを確認します。この時点で、デザインや形など訂正があればそれを伝えます。訂正の後、再度確認をしてこれで良いとなれば、いよいよ制作してもらうことになります。
セミオーダーのものは手間はかかりますが、それだけに仕上がりには満足できます。また、一つしかないオリジナルなものですので、贈られた側も嬉しくなるのに違いありません。