時計入りの周年記念楯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

周年記念楯には、時計が入ったものもあります。この良さは、記念品とした飾るだけではなく実用的でもある点です。これならば普段どこに飾っても時計としての役割を果たしてくれるので、とても便利な記念品となります。材質としてはクリスタル製が豪華で重量感もありますが、アクリル製のものもあります。これはガラス製のような透明感がありながら、クリスタルに比べると手ごろな価格になるのが嬉しい点でしょう。

時計入り楯の利用法

時計入りの楯は何も周年記念の品としての利用だけではありません。様々な場合での利用が考えられます。まずは個人向けならば、還暦祝いの品としてや金婚式などに贈ると喜ばれます。時計は身近にあって常に見るものですから、記念楯を見るたびにそれを贈ってくれた人や団体を思い出すことになります。それは出産祝いや結婚祝いでも同じことが言えます。特に出産祝いなどは子供の誕生にかかわっていますから、時計があることで一層大切なものとなる可能性があると言えるでしょう。
ペットのや子供、あるいは自分たちの写真を入れることもできます。ペットであれば、身近にあることでペットへの愛情が深まるでしょうし、結婚式の写真などが入っていれば、常に二人の愛情を確かめ合うことができます。
この時計入りの楯を贈る場合は、形もよく考えましょう。よくある形としてはスクエアと言われる四角型、上部のコーナーがカットされているコーナーカット型、上部がアーチ状になっているアーチトップカット型があります。これ以外にも、オブジェタイプとして円形、ハート形、アーチ型などがありますから、贈る目的や用途によって選ぶべきでしょう。

その他の時計入り周年記念品

周年記念品として贈るものとしては、楯以外にも様々なものがあります。そのうちの一つが時計入りのペーパーウエイトです。これは光学ガラス製やクリスタルでできており、レーザー彫刻加工や2D加工が施されています。レーザー彫刻加工では、表面にロゴやマーク、あるいは文字を彫刻することができます。また、2D加工の場合は、ガラス内部にロゴや文字などを入れることが可能となります。
これらのペーパーウエイトも形には様々なものがあります。また、机の上に置いたりして日常的に使用できるものですから、時計がついていることでより一層愛着もわきやすいでしょう。
ペーパーウエイトは小さくて手軽なものです。しかし、そこに時計があることで、その存在感は高まります。ちょっとした記念品としてや贈り物として、小粋でセンスのある品物なのです。