各種団体の創立周年記念式典で楯などの記念品を贈る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社に限らず、学校などの創立周年記念式典で、楯などの記念品を贈ることも多く見かけられますが、これも大きな意義を持っています。会社であれば、創立記念式典は大きなイベントであると同時に、節目を祝い、これまでの感謝を形として表すものでもあります。ですから、この時の記念品に何を贈るかは、とても重要になります。そして、この記念品選びにはいくつかのポイントがあります。

創立周年記念品選びのポイント

記念品を選ぶ場合、真っ先に考えなくてはならないのは、どこの誰に贈るかになります。これは大きく分けると二つあります。一つは社内向けであり、二つ目は社外向けです。社内向けの場合の意味は、節目の周年で長い間の苦労をねぎらい、今までの貢献に対して感謝の気持ちを伝えることになります。そして、社外向けでは、取引先や販売店、あるいは協力者に対して感謝の気持ちとこれからの協力をお願いするという気持ちを込めます。
次に、記念品を受け取った側がどのような使い方をするかを考えることも大切です。たとえば企業や店舗ならば、会社の受付や入口に飾られるのか、あるいは社長室や応接室に飾られるのかです。社長室や応接室ならば、目立つ大きなものが良いと考えられます。そして、個人の場合なら応接間に飾られるのか、あるいは居間なのかでも変わります。または、デスクに置けるものが良いのか、実用的なものが良いのかなども考慮に入れるべきでしょう。このようにして相手側の使用イメージを考えることは、記念品として喜ばれることにも繋がるのです。

創立周年記念品を選ぶときの予算について

予算をいくらにするのかも大事なポイントになります。記念品として楯などを贈る場合、既製品にするのか、あるいはオーダーにするのかで、単価はかなり違ってきます。気に入った記念品があっても単価が高くて買えない場合、購入数を多くして単価を下げる交渉をすることもできます。例えば記念楯を贈る場合、注文数を多くして、その代わり単価を安くしてもらうという方法です。あるいは、はじめから記念品制作会社に予算と個数を知らせて、それに合わせて作ってもらうということも良いでしょう。
記念品は、時としてその会社のイメージを表すことがあります。もし、高級なものを用意すれば高級なイメージになるでしょうし、メカニカルなものを差し上げれば、現代的な最先端企業のイメージを相手に与えることができます。ですから、記念品には企業のイメージを象徴するものや、楯などの場合は、その中に感謝の言葉などを入れることによって、もらった側により大きなインパクトを与えることができるのです。